魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。


 © 2003 高原の鰯水




~ジェラートとヤギと晴天の富士山麓~



【2019年5月27日】



JA湘南大型農産物直売所 あさつゆ広場
大好き!あさつゆ広場。買い物を楽しんだあとに食べるジェラートも好きで、よく来る。




今日はマンゴーのミニサイズにしてみた。ウマしもしかしたらマンゴー、好きなのかもしれない。
季節限定物もあるし、全種類制覇目指してみようか…




かながわじゃん
いいじゃん、やるじゃん、うまいじゃん、かながわいちばん
自分も神奈川県民だが、こんなに神奈川推し、したことが無い…(^o^;)




ずっと見ているとゆるキャラが大挙して押し寄せてきそうだ。
最後列左から、農家のおじさん?、農家の子供2人?、豆3兄弟?
3列目左から、クルリン(伊勢原市)、足柄茶と金太郎?、女の子?、
「ぴーなマン」と「やえのちゃん」(JAはだの)
2列目左から、ゆめみちゃん(JAあつぎ)、湘南きんじろう(JAかながわ西湘)、
さがみはらッコ(JA相模原市)、モスぴー(JAセレサ川崎)
最前列左から、大根のコンビ?、あさつゆ広場のオリジナルトリオ?




この子は誰だ。




あのミニチュアダックスがモデルらしい犬の背中が謎。野菜カゴになっているのか!?




近くにあった鉄蓋。七夕が有名な平塚市らしい。




左端に「寺田縄」とある。これは地名で、平塚各地で同じ柄の地名違いマンホールが見られる。
全部でいくつあるのだろう?




小田厚の平塚I.C前を通って土屋橋交差点を左折、山道に入る。そしてヤギさんポイント。(笑)




見上げると、斜面の草地に立派なツノのヤギが何頭もいる。もしゃもしゃ草を食んでいる。






おヒゲも立派!パッと見で4頭だったけれど、他にもまだいそうだった。




道の駅ふじおやまに到着。
ヤギさんポイントで11時半。今日は大野山を目指すつもりだったけれど、暑いし、
午後からにわか雨や雷雨という予報も出ているので、また今度にしよう。
それより、この季節でしか手に入らない実山椒をふじおやままで探しに行かないと。




昨日発見した150号と151号の間の道にこんなところがあった。
R246の一色交差点から入ると最初は集落の中を走る。
一本道ながら微妙にうねうねと曲がっていて、大型トレーラーや速く走り抜けるのには向いていない。
そんな道を緩やかに上って行くと突然家並みが途切れてこの光景。
明らかに作りかけの、これからまだ何かが建つ開発途中の土地。




パノラマで、馬で塞いである左方向を撮ってみた。




正面の穴を潜った先。




こちらには広々とした2車線道路の交差点に右折レーンまで作られている。
150号沿いはほぼ水田なのだが、ここには何ができるのだろう。
富士山方面に見えている木々の茂りが、昨日通って感動した緑のトンネルだ。




いや~、なんということだ。日曜のふじおやまがこんなに混むなんて!
この写真では全くそうとわからないが、手前の須走交差点から渋滞。上下線共に渋滞していた。
山中湖から降りてくる車列はどこから混んでいるのだろう。
そして御殿場市街地に向かうR138号はどうなっているのか…。
実山椒は今日も無かったし、普段見ない渋滞が恐ろしくなって、
元来た道を駆け下りてサッサと帰ることにした。




この季節、箱根辺りでよく咲いているヤマボウシかと思ったがちょっと違う。
あとで調べたらオオカメノキという花木だった。




151号を下りてきて右にオカムラの大きな工場があるところを右折、
路面がこの緑色になっているところを左折すると、






この緑のトンネルを通れる。




緑のトンネルを抜けると墓地があって、すぐ先ほどの開発地帯になり、
さらに集落の中を下ってくると右側にJA御殿場のお店がある。エーコープらしい地味で静かな店内だった。


<走行距離 189.5km>


※ 2019年5月25日(平成31年)「春の神奈川県南西部、再発見の旅~やまゆりライン・田島峠~」

※ 2019年(平成31年)5月26日「春の神奈川県南西部、再発見の旅・2日目~東名高速:中井、鮎沢ぷらっとパーク~」

※ 2013年5月13日(平成25年)「東名高速・都夫良野TNの上を行く~神奈川県 足柄上郡 山北町」

※ 2005年(平成17年)4月23日「神奈川の道・ヤビツ峠&足柄峠~大沢林道」


2019年に戻る